朝日通信

朝日整骨院 お客様の声

五十肩・テニス肘を治す
◎五十肩・テニス肘を治しましょう!
【五十肩を治す】
四十肩、五十肩は40歳から50歳ぐらいに多い症状なのでそう呼ばれているのですが、腕が上がりにくくなる症状に始まりその可動範囲はどんどん狭くなり、挙句の果てにはズキズキした痛みで夜も眠れないようになってしまいます。
どのようにしてそんな症状が出るのかは「詳しくは、わからないが加齢や肩の使いすぎで肩関節の周囲で炎症を起こして痛む」と一般的に言われています。
肩のどの部分でどうなっているのかがはっきりわからないのですから、治療を受けても治らないのも当然で、何ヶ月いや1年以上もの間、眠れない痛みで苦しめられてしまいます。
しかし朝日整骨院では一般に言われている肩関節だけでなく肩鎖関節の動きを良くするための治療をすることで治療効果をあげています。
肩関節は上腕骨(腕の骨)と肩甲骨との関節ですが、その関節の上部の肩甲骨と鎖骨の接する関節が肩鎖関節です。
この肩鎖関節を整え動きをよくすることで多くの五十肩の症状は改善されるのです。
横向きに眠る場合に肩に長時間の負荷がかからないように寝る姿勢に注意してください。
寝るときの姿勢によって五十肩を発症することが意外と多いようです。

【テニス肘を治す】
テニス肘とは肘関節の外側の部分が痛む症状で握力を使ったり前腕部をひねったりする動きで痛みが出ます。
テニスをされる方に多い症状なので「テニス肘」と呼ばれているのですがネジを締めるドライバーを頻繁に使ったり重いフライパンをよく使う方などにも多い症状です。
いわゆる使いすぎて痛める「使い痛め」で発症します。
この「テニス肘」と言われている正式名称「上腕骨外側上顆炎」も治り難く病態が良くわかっていないとされています。
しかし、朝日整骨院では肘関節の中でも「近位とう尺関節」と言う関節を整え動きを良くすることで治療効果をあげています。
肘の曲げ伸ばしよりも手首を動かす筋肉を使いすぎると発症しますので、肘の外側に痛みが出始めたら手首を使いすぎないように注意しましょう。

【朝日整骨院の治療】
これだけでなく椎間板ヘルニアや原因不明の頭痛など「治り難い」「原因や病態がよくわかっていない」と言われている症状を改善するために朝日整骨院では日々研究を重ね治療効果をあげています。
他の治療院で痛みが取れずにお困りの方がおられましたら朝日整骨院をご紹介下さい。
膝の痛みは股関節を治せ!
◎膝の痛みは股関節を整えると治ることがあります。
暖かくなって活動的になると膝の痛みを訴える人が多くなります。
膝の痛みはいろんな症状があるのですが、捻ったわけでもないしぶつけたわけでもない、特に何もしていないのに歩いていたら痛みが出る、そのようなときには、股関節の歪みが原因であることが多いです。
股関節は太ももの骨である大腿骨が骨盤のくぼみにはまっている関節なのですが、この股関節が正しい位置に収まらずに微妙にずれていると太ももの筋肉のバランスが崩れて太ももの前後内外いずれかの筋肉が緊張状態になってしまいます。
するとその緊張状態にある筋肉の付け根に当たる膝の部分が過度に引っ張られて痛みを伴ってしまうのです。
特に多い症状は骨盤に対して大腿骨が外側にずれることで太ももの内側の内転筋が緊張し膝の内側に痛みが出る症状です。
このような場合は膝だけに着目して治療を行っても症状は改善しません。
股関節を整えることが重要になるのです。
膝痛の部位や原因はたくさんあります。
半月板と呼ばれる膝の軟骨の痛みや、内側靭帯・外側靭帯・十字靭帯・膝蓋靭帯などの靭帯の痛み、それらのどの部分がどのようにして痛みが出ているのかを見分けるのは至難の技です。
どなたかに聞いた治療法が自分に当てはまるとは限りませんし、自分の膝痛の経験が他の人の膝痛の症状と同じとは限りません。つまり素人判断は禁物です。
もちろん素人判断が禁物なのは、他の部分の痛みも同じなのですが膝は特に難しい部分の一つであると思います。
しかし、いずれの場合にしろ股関節を整えておかなければ症状の改善の妨げになりますので、膝に痛みが出た場合は素人判断で膝自体の運動をするのは避けて、股関節を良く動かして正しい位置に戻るように運動をしたほうがよいでしょう。
そしてできるだけ早く治療に来られることをオススメします。
花粉症と鎖骨の関係
◎花粉症と鎖骨には意外な関係があった!
春に向けて花粉症の人には憂鬱な季節がやってきますね。
花粉症の原因は、いまだにはっきりせずに症状を抑える薬に頼っているのが現状なのですが体のいろんな部分を整えていると花粉症が改善される場所があることがわかってきます。
それは鎖骨です。
首痛や肩関節痛などの治療の際に鎖骨を整えるのですがその際に鼻の通りが良くなったり鼻水が止まることがあります。
鎖骨はこの骨の下を通る大事な血管、神経、リンパ管を守る役割もしています。
ですから鎖骨の関節が少しゆがんだり関節の動きが悪くなったりすると鎖骨下を通る血管や神経やリンパ管を阻害してしまいます。
このことが花粉症の原因の1つになっていると推測されるのです。
特にリンパには老廃物を運搬し、排泄する大きな役割があります。
この機能が鎖骨下で損なわれることは花粉症に大きな影響を与えることが考えられます。
鎖骨の動きをスムーズにしてやることや鎖骨の動きに影響している首の筋肉や胸の筋肉の緊張をほぐしてやることでリンパの働きや神経の働きを正常に戻し花粉症を改善できると思われるのです。
全ての花粉症の原因が鎖骨にあるとは言えませんが、鎖骨を整体することで花粉症が改善する場合が多いことも確かです。

自分でできること。
肩を良く動かすこと。
鎖骨の回旋運動と肩関節の動きは連動しているので肩関節の運動して鎖骨の回旋運動をスムーズにすることが大切です。反対の手のひらを軽く鎖骨に当てて肩を回すと効果的です。
首の横の筋肉をほぐすこと。
首を前後左右に傾けるストレッチや首をよく動かすことで鎖骨に繋がっている筋肉をほぐしましょう。
鎖骨の上下をマッサージしましょう。
鎖骨の上下を鎖骨に沿ってこするようにマッサージしましょう。
強く押すようなことは避けて、こするように軽くマッサージするのがいいでしょう。

花粉症の治療を目的として当院で健康保険を使うことはできませんので指圧整体マッサージの肩こりコース(15分1200円)での治療、もしくは予約での全身指圧整体(1時間5000円)での治療となります。
ですが健康保険適用の首痛や肩関節痛で通院される方で花粉症の方は健康保険の治療範囲内で鎖骨周辺の整体をしますのでお気軽にご相談下さい。
人の手の力
◎人の手にはパワーがある!
僕は人の手による治療にこだわって日々施術しているわけですが、人の手には機械にはない力が存在していると感じています。
それは家具職人や金物職人のように細部を人の感覚によって作り上げることによって使いやすく、それでいて温かみのある道具を作り出す職人の技に似ています。
患者さんの症状は人それぞれですし、その症状を伝える言葉の表現も人それぞれです。
痛みを表現するのに「飛び上がるほどの痛い」と表現される場合もありますし、同じ程度であろう痛みを「かなり痛い」と表現する方もおられるでしょう。
痺れを表現するにしても人によって「ビリビリ」と表現されたり「ビンビン」と表現さたりします。同じ痺れなのかも知れませんし、あるいはまったく違う種類の痺れなのかも知れません。
痛みや痺れなどの感覚は患者さんにしかわかりませんし、他人には想像するしかない感覚なのです。
それぞれの症状をいかに理解し、いかに適切に判断して治療していくのかは、患者さんの様子や体を触った際に指先に伝わる感覚から判断して施術しなければなりません。
骨盤や背骨のゆがみを整える施術も「こうすれば治る」と決まった操作がある訳ではありません。
人のそれぞれに合わせて施術方法や力加減を変えなければ良い治療とは言えません。
教科書通りには行かないのが治療の難しさです。
経験を積んだ人にしかできない職人技なのだと思います。
職人技は日々の経験と技術を高める努力の積み重ねによって得られると思っています。
人の手による個人に合わせた治療の温もりや安心感が力となり治療効果を高めるのでしょうね。
これからも朝日整骨院は人の手による治療にこだわり続けます。

余談ですが僕は職人が好きです。月に一回程度通っている寿司屋の主人の作り出す料理は細部にわたってこだわりがあり、温かみとやさしさを感じて美味いです。そして主人の話は技に裏づけされた自信に満ち溢れていて楽しい気持ちになります。
そんなおやっさんの仕事っぷりを見て話を聞くのが好きでその寿司屋に通っています。
おやっさんに比べるとまだまだ修行が足りませんがあんな職人になれたらいいなと思っています。
夏の健康管理
◎猛暑を乗り切ろう!
暑い日が続くことによる「体がだるい」「食欲がない」「意欲がわかない」など夏バテの症状や、冷房による体の冷えや自律神経の乱れによって起こる「手足の冷え」「肩こり」「腰痛」「関節痛」「頭痛」などの症状、そして熱中症など、夏は体調を崩しやすい季節です。

夏の健康管理はこれらの症状が起こりにくい強い体を作ることが大切です。
・1日3食のバランスのよい食事を心がけましょう。汗で失ったミネラルはきちんとした食事で補給しましょう。
・水分補給をしっかりしましょう。夏は汗をたくさんかきますのでこまめに水分を補給しましょう。水分補給を怠ると脱水症状を引き起こし熱中症になりやすくなります。
・糖分を含んだ飲料水の取りすぎに注意しましょう。糖分の代謝の為にビタミンB1が余分に代謝されビタミンB1が不足しがちになりだるさや疲れを感じやすくなりますし肥満の原因にもなります。
・疲労回復のためにも規則正しい生活、早寝早起きを心がけ睡眠時間をしっかり取りましょう。
・エアコンの温度に気をつけましょう。外気温と室温の差が大きいと出入りの際の体温調節で体の負担が大きくなり自律神経の乱れにつながりますし体を冷やし過ぎるのはもちろんよくないことです。
・適度な運動を心がけましょう。炎天下は避けこまめな水分補給で熱中症に気をつけながら適度に運動することも大切です。骨格や筋肉を整える効果がありますし、汗をかき汗腺を鍛えることで汗による体温調節もスムーズになります。
・骨盤と背骨を整え健康な体を維持しましょう。骨盤と背骨のゆがみは万病の元ですし自然治癒力も低下します。骨盤と背骨を整え神経の作用や内蔵機能を正常化させ自然治癒力を高めることは体調を崩しやすい夏の健康管理には大切な要素です。

しっかりと体調管理をして暑くてだるい嫌な夏を過ごすのではなく健康で活気のある元気な夏を過ごしましょう
ページ先頭へ