朝日通信

朝日整骨院 お客様の声

腰痛を治そう
◎腰痛は仙腸関節のズレが原因
腰痛の多くは仙腸関節という骨盤の関節のズレが原因で起こっています。
朝日整骨院で「骨盤がゆがんでいます」「左右の骨盤のバランスが崩れています。」とお伝えするときは、仙腸関節のズレが原因と言う事になります。
仙腸関節がズレて硬くなると、腰の筋肉の働きが悪くなり腰を動かしにくくなったり慢性的に痛みを感じたりします。
ぎっくり腰のような急性の腰痛も急な仙腸関節のズレが原因になっていることが多くあります。
仙腸関節がズレて骨盤が急にゆがんだことで腰に力が入らず強い痛みを感じる、ぎっくり腰を起こします。
腰が曲がって抱えられるように来院された患者様が朝日整骨院での治療後に腰を伸ばして自分で歩いて帰れるようになるのは、仙腸関節のズレを正して骨盤が正常な位置に戻ったからなのです。

この仙腸関節のズレは整形外科で行なわれるレントゲン検査やMRI検査では発見することができません。
発見できないのですから「腰痛は仙腸関節のズレが原因」という概念さえ持っておられないお医者さんがほとんどです。
整形外科で「特に異常ありません」と言われて鎮痛剤や湿布薬などを処方されるだけになってしまって「治療してもらった」「治してもらった」と感じないのは、痛みの原因になっている仙腸関節を治療してもらっていないからなのでしょう。

仙腸関節のズレによる骨盤のゆがみは触診や徒手検査で判断します。
朝日整骨院で脚をそろえたり膝を曲げたり骨盤を触ったりしているときはこの仙腸関節による骨盤のゆがみを診ています。
そして仙腸関節がズレて骨盤がゆがんでいる場合は、仙腸関節をほぐし整えて骨盤を調整します。
骨盤が正常の位置に戻ったら再び骨盤がゆがまないように、関連している腰やお尻や脚などの筋肉をほぐします。

仙腸関節はズレやすいですが戻りやすく、固まりやすいですがほぐれやすいのが特徴です。
ですから、すぐに楽になりますし腰や脚が「軽くなる」感覚にもなります。
しかし、逆に言えば「戻りやすいがズレやすい、ほぐれやすいが固まりやすい」とも言えますので、ある程度は継続して治療をしなければならないのです。
自律神経を整えよう。
◎背骨は自律神経の通り道
自律神経とは私たちの意思に関係なく体温調節や血管・心臓・血圧・消化器・汗腺・内蔵などを調節するためのもので交感神経・副交感神経の2つで作用します。
この自律神経は脳から背骨を通って背骨の間から各臓器に分布しています。
背骨は自律神経を守る通り道となっているのです。

もしその通り道である背骨や骨盤ゆがんでしまうと自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れてしまうと自律神経によって働いている臓器は正常に働くことができずに弱ってしまいます。

背骨や骨盤のゆがみは首・背中・腰の痛みだけではなく内臓の働きをも弱らせてしまうのです。
首の痛みを治療すると「頭痛がなくなりました」、背中の痛みの治療をすると「シクシク痛かった胃が治りました」、腰の痛みの治療をすると「便秘が治りました」「生理痛が楽になりました」「赤ちゃんに恵まれました」など体の痛みの治療で内臓が元気になるのはこのためです。

背骨のゆがみは首・背中・腰などの張りや痛みとなってあらわれます。
首・背中・腰の張りや痛みを「たいしたことがない」からと、ほっておくと内臓を弱らせてしまうことになてしまうのです。

自律神経失調症も背骨のゆがみが原因で起こることがあります。
自律神経失調症とは慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなどさまざまな症状があらわれるといわれています。
これらの症状も背骨と骨盤を整えることで自律神経の通り道を正常に戻すことで自律神経が正常に機能し改善されます。

つまり体の外側(骨格や筋肉)が元気でないと体の内側(内臓)や心まで元気をなくしてしまうというわけです。
背骨と骨盤のゆがみは万病の元なのです。
治療例
◎朝日整骨院ではこんな症状が改善されています。
「腰部・骨盤」
・ぎっくり腰で体がくの字になって腰を伸ばせない状態で抱えられながら来院されましたが帰りにはまっすぐに立って自分で歩いて帰られました。
・何年も整形外科に通っても取れなかった腰から脚の痺れが治りました。
・整形外科では「手術しか治らない」と言われた椎間板ヘルニアが治りました。(椎間板ヘルニアのほとんどは手術なしでも治ります)
・いろんな治療院で治療しても改善されず10年以上悩まされていた腰痛が治りました。
・悩みだった便秘が骨盤を整える治療を受けて改善されました。
・何年も悩まされていた生理痛が骨盤を整える治療で改善されました。
・他の治療院で改善されなかった坐骨神経痛の症状が腰部と骨盤の治療で治りました。

「頸部」
・何年も悩まされていた頭痛が頚椎の治療で改善されました。
・上を向くことができなかった首の痛みが改善され首が自由に動くようになりました。
・なかなか治らなかった交通事故によるむち打ちの症状が改善されました。

「肩部」
・眠ることができないぐらい夜間に痛みがあり腕をあげることができなかった五十肩の症状か改善されてぐっすり眠れるようになり腕が自由に動かせる ように なりました。

「背部」
・何年も寝つきが悪く眠りの浅かった不眠症状が背骨の状態を良くする治療ですぐにぐっすり眠れるようになりました。

「膝部」
・膝を痛めて水がたまった膝の水が引いて痛みもなくなり正座ができるようになりました。
・整形外科で繰り返し水をぬいたり注射をして改善されなかった膝の痛みが改善され日常生活に支障がなくなりました。

「成長痛」
・オスグッド病やシーバー病などの成長痛と呼ばれる骨端炎が運動をやめることなく改善されました。

その他にもいろいろな痛みや治り難いとされている症状が当院の治療で改善されています。
他の治療院でなかなか治らなかった症状でもあきらめずに当院に御来院ください。
膝にたまる水って何?
◎水は必要だからたまるのです。
膝に痛みとともに水がたまることがあります。
この膝の水って何でしょうか?
膝にはもともと滑液とよばれる液体が存在しています。
これは膝の潤滑油の役目や栄養を運ぶ役目をする液体です。
膝を痛めるとその液体が増えることがあります。
それが膝に水がたまった状態です。
水がたまった場合に水をぬく治療方法がありますが、朝日整骨院では、「悪くなった膝の状態を治すために水が必要だから出てきたものである」と考えているので水をぬくことはお勧めしていません。
治療をして膝の悪くなった場所が治り始めると水は必要なくなり自然とひいていくのです。
当院での治療は関節の状態や筋肉のバランスをを整えることで悪くなった場所を回復させる治療をします。その結果、水も自然と引いて正常な状態になります。
人体に最も無理のない自然な治療法です。
膝を痛めて水がたまってもすぐに来院されれば順調に治っていくことがほとんどです。

水をぬくことも治療のひとつの方法ではあるので、その治療法を否定するものではありませんが、何度も水をぬく治療をして何ヶ月も何年も膝が良くならずに当院に来院される患者様がおられますが、
そのような状態でも当院の治療で改善されていますので、水をぬく治療で改善されなくてもあきらめずに御来院ください。
何度も水をぬいた膝はかなり悪くなっているので、すぐに来られるより苦労するのですが痛みは軽減され普通に歩けるようになったり正座ができるまで良くなる方もたくさんおられます。

膝に限らず体を治すためには、いろいろな治療法があります。
しかし注射や投薬には副作用が手術には後遺症の心配があります。まず人体の自然治癒力を生かす人の手による治療を選択されることをお勧めします。
ゆがんだ体を整えよう!
◎姿勢に気をつけましょう
首・背中・腰の痛みなどは骨盤や背骨のゆがみが原因になっていることがほとんどです。
骨盤と背骨のゆがみは日常生活の中で起こります。
重いものを持ったり力を使う作業をしたために急にゆがみが出て痛めることもありますが、普段の姿勢や寝ている時の姿勢などでもゆがみます。
立っている時にどちらかの足に重心を置く癖がありませんか?
いつも同じ肩に重いカバンを下げていませんか?
座っている時にいつも同じ方の脚を組んでいませんか?
寝る時にいつも同じ方向を向いて寝ていませんか?
寝転んでテレビを観たり本を読んだりしていませんか?
背中を丸くして勉強や事務作業をしていませんか?
その他にも日常の中にたくさん骨盤や背骨をゆがめてしまう姿勢があります。
骨盤や背骨がゆがんだ時に人は痛みや疲れを感じるのです。

骨盤と背骨がゆがんでしまうことは首・肩・背中・腰の痛みになるだけではありません。
ゆがみをそのままにしておくと、背骨に沿って通っている自律神経や血管に影響を与えて体のさまざまな機能の低下を招いてしまいます。
骨盤と背骨を整えることは健康な体を維持するために重要なことなのです。

「首・肩・背中・腰などが痛い」痛みが体のゆがみを教えてくれています。
我慢できる程度だから、忙しいからとほっておくと健康そのものに影響を与えることになってしまいます。早めの治療をおススメします。

軽いゆがみは日々の運動や体操などでも整えられますので姿勢に気をつけて運動を心がけましょう!

ゆがみのない体で健康な毎日を元気に過ごしたいものですね。
ページ先頭へ