柔道整復師の体を整える治療技術

院長紹介

~整骨の治療技術は日本に生まれ発展してきた世界に誇れる日本独自の治療技術です~

柔道整復師の名前が示すとおり、元々は柔道で痛めた捻挫、打撲、脱臼、骨折などのケガの治療技術として進歩、発展してきました。
昭和の時代まではどんな脱臼も瞬時に整復したり骨折を徒手整復と見事な固定技術でどこが折れていたのかもわからなくなるぐらい見事に整復する達人技を持った柔道整復師がたくさんおられました。
しかし、脱臼や骨折に関しては、法律の規制やレントゲンやMRIなどの検査や手術療法の発展で整形外科に活躍の場を奪われ、脱臼や骨折を治す技術をもつ柔道整復師は激減し脱臼や骨折の治療技術そのものも伝承されにくい状況になってしまいました。
せっかくの日本古来から伝承され発展してきた人の手による治療技術が失われていくのは残念なことですが時代とともに変化していくこともしかたのないことなのでしょう。
脱臼や骨折を整復する技術の伝承は失われつつありますが、その代わり腰痛や首・肩・関節の痛み筋肉の痛みを治す技術は患者の増加とともに進歩・発展しています。
アメリカのカイロプラクティックやオステオパシーなどの徒手治療技術や日本の整体や指圧などの技術と融合し、骨格や筋肉など体を整える技術として進歩しているのです。
体を整えることで得られる効果として自律神経や血液循環が整えられ内臓機能が活性化されるため自然治癒力が高まり、病気の治癒や予防などにもつながっています。
体を整えることでいろんな病気への効果がわかってきたのです。
頚椎(首)の治療で頭痛や難聴を治せたり、胸椎(背中)の治療で胃弱や喘息が治せたり、腰椎や骨盤の治療で便秘や生理痛が治せたり、体を整える技術がゴッドハンド(神の手)と呼ばれるような、なかなか良くならなかったいろんな症状を治せる技術を持つ柔道整復師が多く誕生しているのです。
骨格や筋肉を整えることは薬や機械ではできません。人の手にしかできない技術です。
もちろん技術は経験と努力によって習得されるものなので柔道整復師の技術力には、ばらつきはあるものの整形外科などの西洋医学とは違った体へのアプローチで体の痛みや病気の予防ができるのです。
朝日整骨院に通院される患者様が痛みだけでなく体が元気になることを実感されているのは、この体を整える技術があるからなのです。

PAGE TOP